<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

葉山嘉樹原作映画『ある女工記』『セメント樽の中の手紙』上映会

共催ですが、久しぶりに上映会を開催します!
「格差社会」や「無縁社会」の諸問題が噴出する今、葉山嘉樹文学が再び脚光を浴びています。
北九州では1回のみの貴重な上映会。ぜひお越しください。
□葉山嘉樹原作映画『ある女工記』『セメント樽の中の手紙』上映

<上映作品> 2作品、66分。
(1) 『ある女工記』(57分,2016)
(2) 『葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」』(9分,2016)
   日時:2017年10月8日(日)
   18:30〜 開場
   19:00〜 作品上映
   20:20〜 児玉監督や北九州の出演者によるトーク(30分予定)
場 所:小倉昭和館 2号館
    小倉北区4-2-9 Tel:093-551-4938)
参加費:1,000円均一 (12歳未満は入場無料)
主 催:映画「淫売婦(仮)」製作委員会
共 催:北九州市民映画祭spin of
協 力:北九州フィルムコミッション
□葉山嘉樹について
福岡県みやこ町(旧豊津町)出身の葉山嘉樹(1894〜1945)は、日本の近代文学を代表する作家である。旧制豊津中(現、育徳館高)から早大に進み、「淫売婦」「セメント樽の中の手紙」「海に生くる人々」などで彗星のように大正末の文壇に登場した。なにしろ全く無名の青年が、これらのプロレタリア文学作品でいきなり文壇の先端に躍り出たのだから、そのデビューは衝撃的だった。
「格差社会」や「無縁社会」の諸問題が噴出する今、葉山文学が再び脚光を浴びている。

ある女工記チラシ2

 

 

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭

2017.08.20 Sunday 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

北九州市民映画祭spinout企画第一弾! 上映+トーク『SHARING』

北九州市民映画祭spinout企画第一弾!
SHARING上映+トーク
 
2011年3月11日から5年。
未だに私たちの生活は、あの時の不安を拭えないまま続いている。
『SHARING』(共有の意)は、そうした震災後の日本人の心の問題に、映画的な想像力を駆使して、真正面から向き合おうとしたフィクションである。
 
SHARING』上映+監督トーク
日 時:平成28年10月29日(土)16:00〜、19:00〜
場 所:GALLERY SOAP
出演者:篠崎誠(映画監督)
料 金:ワンドリンク付 1,500円
Spcial Thanks:爆音映画祭 in 福岡実行委員会boid
主 催:北九州市民映画祭spinout(吉武)
    kitaqcinema@gmail.com
    090-1349-7362
☆『SHARING』ホームぺージ → http://sharing311.jimdo.com/

映画『SHAREING』フライヤー

 

※自主上映会開催について※

充電期間中の北九州市民映画祭ですが、
映画祭スタッフが
「いま、北九州市で観たい・観てほしい!」と思う映画は
スピンアウト企画として自主上映していきます。
 
今回は、爆音映画祭in福岡実行委員ほか皆さまのお力を借りて
今年、日本映画ナンバーワン!との声も多い
『SHARING』を上映し、監督と映画について語り合います。
「1本の映画をじっくり語り合う場をもう少し設けたい…」北九州市民映画祭での反省を少し生かしたいとも考えています。

 

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭

2016.09.26 Monday 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

平成28年度の映画祭について

久しぶりの投稿です。ご無沙汰しておりました。

ご期待いただいている皆さまには本当に申し訳ありません。

北九州市民映画祭は今年の開催を見送ることにしました。

 

今回の開催見送り理由は、スタッフの状況変化が大きいです。

家族の介護、病気入院、退職などなど、個々人の事情が偶然重なり、

メインスタッフのマンパワー不足に陥り、

協議の末、少し充電期間にしよう!

と、いう結論に達しました。

 

しばらくは、北九州市しねま研究会として

北九州市でのコンテンポラリー作品の自主上映会の開催など

どうしても観て欲しい作品なのに

市内で上映されない作品の上映階等を開催する予定です。

 

 

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭

2016.09.17 Saturday 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

タナダユキ的 第5回北九州市民映画祭

いま、最も次回作が期待される北九州市出身の映画監督タナダユキさんをメインゲストに迎え、タナダ監督の原点となった故郷・北九州でタナダ監督のフェイバリット日本映画も含め上映するタナダワールド全開の映画祭を開催します!

【日 程】平成27年11月6日(金)月7日(土)
【会 場】小倉昭和館 北九州市小倉北区魚町4−2−9

【ゲスト】タナダユキ(映画監督)、佐藤現(東映ビデオ株式会社 企画製作部/プロデューサー)、柄本時生(俳優)
【内 容】タナダユキ監督作品特集と監督セレクションによる懐かしの日本映画上映、タナダユキ監督ほかゲストとのシンポジウム、パーティを開催します!

【プログラム】
11月6日(金)前夜祭

18:30 『タカダワタル的』
19:50 『盲獣』
21:30 『盲獣』合評会withタナダユキ監督(限定20人)
     ※『盲獣』上映終了後、整理券を配布します!
 
11月7日(土)
10:30  『江分利満氏の優雅な生活』
12:30  タナダ監督サイン会
     ※映画祭チケットをお持ちでない方も参加出来ます。
      お手持ちのタナダ監督作パンフレット、
      著作物をお持ちいただいても構いません。
13:30  『月とチェリー』
15:10  『俺たちに明日はないッス』
16:50  『ロマンス』
19:00  シンポジウム
20:30  パーティー(限定60人)

※映画上映は各回10分前に開場
※映画の上映は各回入替制。
※11月7日フリーパス券の方はお席の入替えの必要はありませんが、スタッフが各回確認にまいります。
※学生チケットをご利用の方は学生証をお持ち下さい。
※シンポジウムは映画チケットを購入いただいた方に無料でご覧いただけます。(要チケット提示)
※ゲストを囲んでのパーティーは別会場で行います。場所はパーティーチケット購入いただいた方へお知らせします。

【映画鑑賞料金】
 前売1作品券   1000円
 前売1作品学生券   700円
 前売11月7日フリーパス券 3500円 ※100枚限定販売
 当日1作品券    1200円
 当日1作品学生券  1000円

【映画鑑賞前売チケット購入】※前売券の販売は11月5日まで!
■チケットぴあコード 446414
 ※チケットぴあ 第5回北九州市民映画祭販売サイトからもご購入いただけます。←クリックお願いします!
■チケット予約 kitaqcinema@gmail.com もしくは facebookページへご連絡下さい。

【パーティーチケット】(限定60枚)
一般 4000円
学生 2000円!!
※パーティーチケットは11月6日(金)18時から上映会場にて販売開始します!
※学生チケット購入の際は、学生証の提示が必要です。

【会場アクセス】
小倉昭和館  小倉北区魚町4‐2‐9 筺093-551-4938
北九州市小倉北区旦過市場そば
R小倉駅より徒歩6分、モノレール旦過駅より徒歩1分、西鉄バス停紺屋町より徒歩1分

【主 催】 北九州しねま研究会(北九州市民映画祭実行委員会)
【協 力】 小倉昭和館、有限会社マッシュ
【後 援】 朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、西日本新聞社
【助 成】 公益財団法人北九州活性化協議会 1000人の夢寄基金、
     北九州市文化振興基金奨励事業

【お問合せ】
北九州しねま研究会(北九州市民映画祭実行委員会)代表 吉武
Mobile : 090-1349-7362 /fax:093-582-4785/ E-mail: kitaqcinema@gmail.com

ピンクチキン

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.11.05 Thursday 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

タナダユキ的第5回北九州市民映画祭に『俺たちに明日はないッス』主演 柄本時生さんご来場!

タナダユキ的第5回北九州市民映画祭に
『俺たちに明日はないッス』主演の
柄本時生さんがいらっしゃる事が決定!

柄本時生

柄本時生さんプロフィール
1989(平成元年)年、東京都出身。
2003年、映画 Jam Films S『すべり台』(主演/2005年公開)のオーディションに合格し、デビュー。2008年の出演作品により第2回松本CINEMAセレクト・アワード最優秀俳優賞を受賞。

柄本時生さんバイオグラフィーは…
もの凄いご活躍ぶりで、このページで上手く書ききれそうにないので…
こちらをご覧ください! ↓
芸能プロダクション ノックアウト 柄本時生さんページ

※前売券の販売は本日までとなっております!
 お早めにご購入下さい!


JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.11.05 Thursday 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

第5回北九州市民映画祭ゲスト紹介

第5回北九州市民映画祭はタナダユキ監督特集!
今回ゲストのプロフィールをご紹介します!

タナダユキ(映画監督)
1975年、北九州市生まれ。01年、『モル』で第23回PFFアワードグランプリとブリリアント賞に輝き、監督デビュー。フォークシンガー高田渡氏のドキュメンタリー『タカダワタル的』(04)は東京国際映画祭に特別招待作品として上映された。その後、『月とチェリー』(04)、『赤い文化住宅の初子』(07)、『俺たちに明日はないッス』(08)と順調にキャリアを重ね、08年『百万円と苦虫女』では第49回日本映画監督協会新人賞、第11回ウディネファーイースト映画祭観客賞を受賞。12 年『ふがいない僕は空を見た』は、第37回トロント国際映画祭に正式出品された。13年、北九州を舞台にした小説『復讐』を新潮社から刊行。14年には『四十九日のレシピ』(13)で中国金鶏百花映画祭国際映画部門監督賞受賞を果たす。最新作『ロマンス』が15年8月29日より公開、自身が手掛けた同名小説が文藝春秋より発売中。
※タナダユキ監督バイオグラフィーを下部に掲載。

佐藤現(東映ビデオ株式会社 企画製作部/プロデューサー)
1971年広島県生まれ。大阪府出身。1994年に東映ビデオに入社し、劇場映画やテレビ、ビデオ作品の製作に携わる。主なプロデュース作品は、『おろち』(鶴田法男監督)、『ノン子36歳(家事手伝い)』(熊切和嘉監督)、『僕たちは世界を変えることができない。』(深作健太監督)、『ふがいない僕は空を見た』(タナダユキ監督)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(吉田恵輔監督)、『花宵道中』(豊島圭介監督)、『百円の恋』(武正晴監督)、『ロマンス』(タナダユキ監督)など。2015年『百円の恋』で第34回藤本賞・奨励賞を受賞。
安藤サクラ主演『百円の恋』、第88回米国アカデミー賞外国語映画賞日本代表に!


□タナダユキ監督バイオグラフィー
映 画
「ロマンス」(脚本・監督:タナダユキ/2015)
「四十九日のレシピ」(原作:伊吹有喜、脚本:黒沢久子、監督:タナダユキ/2013)
「ふがいない僕は空を見た」(原作:窪美澄、脚本:向井康介、監督:タナダユキ/2012)
「俺たちに明日はないッス」(原作:さそうあきら、脚本:向井康介、監督:タナダユキ/2008)
「百万円と苦虫女」(脚本・監督:タナダユキ/2008)
「さくらん」(原作:安野モヨコ、脚本:タナダユキ、監督:蜷川実花/2007)
「赤い文化住宅の初子」(原作:松田洋子、脚本・監督:タナダユキ/2007)
「月とチェリー」(脚本・監督:タナダユキ/2004)
「タカダワタル的」(ドキュメンタリー作品/監督:タナダユキ/2004)
「モル」(脚本・監督・出演:タナダユキ/2001)

テレビ
『怪奇大作戦 ミステリーファイル 第3話「闇に蠢く美少女」』(脚本:黒沢久子、演出:タナダユキ/BSプレミアム/2013)
ドラマW「イノセント-隣りの女-」(原作:向田邦子、脚本:三好晶子、演出:タナダユキ/WOWOW/2012)
「Camouflage 蒼井優×4つの嘘」(脚本:黒沢久子、演出:タナダユキ/WOWOW/2008)
「吉高由里子20歳、奈良着。〜小さな恋のお手伝い〜」 (演出:タナダユキ/関西テレビ/2008)
「週刊真木よう子」(脚本・演出:タナダユキ/テレビ東京/2008)

C M
ライオン「働く女性への応援歌」
第一三共ヘルスケア「ミノン全身シャンプー」

その他
小説「ロマンス」(タナダユキ著/文藝春秋/2015)
小説「復讐」(タナダユキ著/新潮社/2013)
小説「ロマンスドール」(タナダユキ著/メディアファクトリー/2009)
雑誌「MEKURU」連載”タナダユキの四十の手習い”(2014〜)
北九州芸術劇場情報誌「Q」連載”タナダ的三文雑記”(2011〜)

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.11.05 Thursday 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 

第5回北九州市民映画祭上映作品一挙ご紹介!

第5回北九州市民映画祭上映作品一挙ご紹介!

11月6日(金)18:30〜
タナダ監督長編2作目にして撮ったドキュメンタリー映画
「タカダワタル的」
2004年/66分/ヴィスタ/カラー/35ミリ
監督:タナダユキ 企画:柄本明
音楽:高田渡 撮影監督: 長田勇市
出演:高田渡、柄本明、松田幸一、中川イサト、坂庭省悟、シバ、大庭珍太、高田漣
タカダワタル的
©アルタミラピクチャーズ

11月6日(金)19:50〜
タナダ監督オススメ映画!「最も好きな作品」
「盲獣」
1969年/84分/シネスコ/カラー/35ミリ
監督:増村保造 脚本:白坂依志夫 原作:江戸川乱歩
音楽:林光 撮影:小林節雄 美術:間野重雄
出演:船越英二、緑魔子、千石規子
盲獣
©KADOKAWA1969

11月7日(土)10:30〜
タナダ監督オススメ映画!「こんな名作が公開後すぐに打ち切りになった」
「江分利満氏の優雅な生活」
1963年/102分/シネスコ/モノクロ/35ミリ
監督:岡本喜八 脚本:井手俊郎 原作:山口瞳
音楽:佐藤勝 撮影:村井博 アニメデザイン:柳原良平
出演:小林桂樹、新珠三千代、東野英治郎、英百合子、横山道代、ジェリー伊藤、松村達雄、天本英世
江分利満
©1963年 東宝株式会社

11月7日(土)13:30〜
英国映画協会の「21世紀の称賛に値する日本映画10本」に選出!!
「月とチェリー」

2004年/82分/ヴィスタ/カラー/DVカム/R15+
脚本・監督:タナダユキ 音楽:小宮山聖 撮影:安田圭
出演:江口のり子、永岡佑、平田弥里、蛭子能収、内田春菊、柄本明
月とチェリー
©2004ラブコレクションproject

11月7日(土)15:10〜
高校生のリアルな”性”春を話題作。北九州初公開!
「俺たちに明日はないッス」

2008年/79分/ヴィスタ/カラー/35ミリ/R15+ 
監督:タナダユキ 脚本:向井康介 原作:さそうあきら
撮影:山崎裕 主題歌:銀杏BOYZ『17才』
出演:柄本時生、遠藤雄弥、草野イニ、安藤サクラ、水崎綾女、我妻三輪子、ダンカン、田口トモロヲ
俺たちに明日はないッス


11月7日(土)16:50〜
タナダ監督7年ぶりのオリジナル作品。今週公開の最新作!
「ロマンス」

2015年/97分/ヴィスタ/カラー/DCP
脚本・監督:タナダユキ プロデューサー:佐藤現、中澤研太、坂井正徳
撮影:大塚亮 音楽:周防義和・Jirafa
出演:大島優子、大倉孝二、野嵜好美、窪田正孝、西牟田恵、杉作J太郎 
ロマンス
©2015東映ビデオ


JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.11.04 Wednesday 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

第5回北九州市民映画祭プログラム【追加情報アリ!】

いよいよ今週末となりました
タナダユキ的第5回北九州市民映画祭!
2つのプログラムを追加します!まさにタナダユキ監督祭〜♪
☆『盲獣』合評会withタナダユキ監督(限定20人)
☆タナダユキ監督サイン会


以下、最終版のプログラムです!

11月6日(金)
18:30 『タカダワタル的』
19:50 『盲獣』
21:30 『盲獣』合評会withタナダユキ監督(限定20人)
     ※『盲獣』上映終了後、整理券を配布します!
 
11月7日(土)
10:30  『江分利満氏の優雅な生活』
12:30  タナダ監督サイン会
     ※映画祭チケットをお持ちでない方も参加出来ます。
      お手持ちのタナダ監督作パンフレット、
      著作物をお持ちいただいても構いません。
13:30  『月とチェリー』
15:10  『俺たちに明日はないッス』
16:50  『ロマンス』
19:00  シンポジウム
20:30  パーティー(限定60人)

第5回チラシ表
皆さまのお越しをお待ちしております!

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.10.31 Saturday 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

第5回北九州市民映画祭概要お知らせ!

たいへん長らくお待たせしました!
第5回北九州市民映画祭の情報をお知らせします!


■開催日
 平成27年11月6月(金)〜7日(土)

■場所
 小倉昭和館
  北九州市小倉北区魚町4-2-9

■第5回北九州市民映画祭企画は北九州市戸畑区出身・タナダユキ監督祭!
 最新作『ロマンス』公開間近のタナダユキ監督をゲストに迎え開催します!
 プログラムは鋭意作成中!もちろん、タナダ監督の監督作も上映します!!
 乞うご期待!


JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.08.22 Saturday 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『ラジウム・シティ 文字盤と放射線・知らされなかった少女たち』限定上映+トークショー@小倉

4月13日、渋谷UPLINK FACTORYでの上映を皮切りに全国同時期上映作品を1DAYのみ小倉で限定上映し、トークショーも開催します!

ラジウム・シティ 文字盤と放射線・知らされなかった少女たち
Radium City
1987/アメリカ/105分/白黒・カラー/モノラル
監督・プロデューサー:キャロル・ランガー

◇小倉会場
上映日時:平成27年5月30日(土)1日のみ2回上映  15:00〜 / 19:00〜..
会  場:GALLERY SOAP 北九州市小倉北区鍛冶町1-8-23 2F
ゲ ス ト:樋口泰人(boid主宰)
料  金:ワンドリンク付 1,500円
主  催:北九州市民映画祭 kitaqcinema@gmail.com / 090-1349-7362(吉武)

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
2015.04.22 Wednesday 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 5 PAGES | >>