<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第3回北九州市民映画祭ゲストプロフィール情報!

■今回の映画祭にお越しいただく、ゲストのみなさんのプロフィールをご紹介します!
(50音順)

青山真治
『Helpless』(96)で長編映画デビュー。
 『EUREKA ユリイカ』(00)が第53回カンヌ国際映画祭に出品され、国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をW受賞。 以降も『月の砂漠』(01)がカンヌ国際映画祭、『私立探偵濱マイク・名前のない森』(02)がベルリン国際映画祭、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(05)がカンヌ国際映画祭“ある視点”部門、『こおろぎ』(06)『サッド ヴァケイション』(07)が2年連続でヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に出品された。2011年、4年ぶりの作品『東京公園』がロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)審査員特別賞を受賞。自作の音楽も多く作曲(山田勳生との共作)している。 小説家としては、01年に自作のノベライズ小説『ユリイカ』で第14回三島由起夫賞を受賞、その後も著作多数。
 また舞台演出にも進出、11年に「グレンキャリー・グレン・ロス」と「おやすみ、かあさん」を上演した。
本年は、芥川賞受賞作「共喰い」(田中慎弥作)が9月7日に公開される。再び、カンヌの舞台を目指す。

國村隼
1955年、大阪府出身。圧倒的な存在感と確かな演技力で、国内外の映画、ドラマ、舞台など幅広く活躍。主な出演作に映画「パコと魔法の絵本」「板尾創路の脱獄王」「アウトレイジ」「相棒- 劇場版-」「さや侍」など多数。最新の主演作 「地獄でなぜ悪い」(13/園子温監督)、他出演作「少年H」(13/降旗康男監督)、「許されざる者」(13/李相日監督)、「抱きしめたい」(14/塩田明彦監督)などが公開待機中。

タナダユキ
1975年北九州市戸畑区生まれ。初監督作『モル』は各界からの絶賛を受け、PFFアワード2001グランプリとブリリアント賞(日活)の二冠に輝き、自主映画ながら劇場公開をはたす。フォークシンガー高田渡氏のドキュメンタリー『タカダワタル的』(04) は東京国際映画祭に特別招待作品として出品された。その後、『月とチェリー』(04)、『赤い文化住宅の初子』(07)、『俺たちに明日はないッス』(08)、と順調にキャリアを重ね、『百万円と苦虫女』(08) でウディネファーイースト映画祭・My Movies Audience Award、第49回日本映画監督協会新人賞を受賞する。2012年、『ふがいない僕は空を見た』が公開。キネマ旬報日本映画ベストテン7位となる。2013年、新作映画『四十九日のレシピ』が公開予定。また、北九州を舞台にした小説『復讐』(新潮社)が4月22日刊行予定。

平山秀幸
1950年北九州市戸畑区生まれ。明治学園中学校、県立戸畑高校、日本大学芸術学部放送学科卒業。大学卒業後、フリーの助監督としてベテランからインディペンデントまで、数多くの監督の作品に携わる。90年『マリアの胃袋』で監督デビュー。『ザ・中学教師』(92) で日本映画監督協会新人賞を受賞。『学校の怪談』(95) は観客の絶大な支持を得て大ヒットシリーズとなる。『愛を乞うひと』(98) はモントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞、日本アカデミー賞最優秀監督賞など数々の賞を受賞し国内外で絶賛される。その後も『ターン』(01)、『笑う蛙』(02)、『OUT』(02)、『レディ・ジョーカー』(04)、『しゃべれども しゃべれども』(07)、『やじきた道中 てれすこ』(07) など幅広いジャンルの映画を発表。また、WOWWOWで放送されたテレビドラマ『対岸の彼女』(06)は、放送文化基金賞テレビドラマ番組賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。近作に『必死剣 鳥刺し』(10)、『信さん・炭坑町のセレナーデ』(10)、『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』(11) など。

光石研
1961年北九州市八幡西区生まれ。東海大付属第五高校卒業。1978年『博多っ子純情』(曽根中生監督)で主演デビュー以降、国内外を問わず、数多くの映画(約160本!)、テレビドラマ、CM、舞台などに出演。北九州市を代表する俳優。2011年には映画「あぜ道のダンディ」で主演を務め、公開待機作として「はじまりのみち」(13/原恵一監督)、「共喰い」(13/青山真治監督)などがある。

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭
 
2013.04.22 Monday 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 第3回北九州市民映画祭上映作品情報! | main | 前売りチケットの販売について >>